トラクタうね立てマルチ
 機体がコンパクト。ハイロータ爪により省    
   馬力で高能率作業ができます。

 マルチシートカッター・マルチシートワンタ
   ッチ取替機構を標準装備するなど、使い
   やすさが自慢です。

 新フローティング機構により畦の立上がりが
   早く、作業しやすくなっています。

 可変機構搭載なので、面倒な土量調整も
   レバーを廻すだけの簡単調整です。しかも
   畦の形状を変えないから、マルチ作業中でも
   安心です。
トラクタ用
専用ロータリータイプ
vtrn-jituen
可変台形畦整形機 
   VTRN型
作業効率 : 10〜20.a/h
型式及び装着仕様等
ハイマルチ
(TMN-TR15)は別売です
写真は
VTRN+TMN-TR15
● VTRN-JE  標準3P直装タイプ(ジョイント付)
● VTRN-SHJN  日農工規格Sヒッチ仕様
                 (ジョイント無し)
畦立て同時マルチ作業には、別売ハイマルチが必要です
● TMN-TR15
新フローティング機構
というのは・・・
ここで紹介する新フローティング機構とは、
整形器をロータリごと屈折させる機構を示し
ます(左写真を触ると屈折姿勢になります)。

土面への食いつきが良くなるため、作業開始
時の畦の立ち上がりがとても早く
なります。

ロータリ全体で屈折させる為、出来上がる畦形
状はほとんど変化しません(尾輪開動と違い、
畦の段差が非常に僅かです。

元の作業姿勢に戻すには、ロータリーを少し
上げるだけでok
sin-furoting
適応シート幅
110〜180cm
78〜135cm
15,20,25,30cm
60〜120cm
アタッチタイプ
back
back